37.金比羅坂(こんぴらざか)

 大野集落の南方に位置する坂の呼称で、その東方の岬には、明治期に、この地を開拓するために移住してきた四国出身の方々が信仰するために移してきた金比羅神がまつられています。その近くにあることから、大野集落南方の坂を金比羅坂と呼んでいます。


文:松村順一
写真提供協力:松島昭司
掲載した写真の著作権は撮影者(提供者)および石垣市にあります。
無断での転用・掲載はしないようにしてください。